フロント


お客様の⼀番近くでおもてなしができるやりがい


  • EPSODE 1未経験から今のホテルで働くために引っ越してきた。

    ホテル未経験から、今のホテルで働きたくて引っ越してきました。「森をコンセプトにした都会のビジネスホテル」というコンセプトが斬新で、惹かれてしまいました。
    もともとは旅⾏会社で勤務をしていましたが、お客様をお迎えしたいという想いから転職を決意します。お客様の⼀番近くでおもてなしをできることは思っていた以上に大きなやりがいでした。

  • EPSODE 2⾃分で休みを決めるから⽇常⽣活にハリができた。

    シフト休だと⼟⽇を含めて休みを⾃分で決めることができるので、逆に休みの日を楽しめます。平⽇に出かけると⼈気スポットでも混んでいないからお得ですね。休みたい⽇に休めて働きたいときに働く。休⽇を含めて⼈⽣設計できるところがこの仕事の良いところだと感じています。


シフト勤務で平⽇に休めたりするので
プライベートを⼤切にできる→オンもオフも全部
自発的に決めていける

  • EPSODE 1他のホテルと⽐べて現場主導でおもてなしができるからおもてなしに集中できる。

    前職のホテルはお客様にサービスをするときにいちいち申請書を書く必要がありました。社内手続きが必要な会社は意外と多いですが、当社のホテルは現場主導でおもてなしをすることができます。
    部屋の使いにくさをお客様から伺った際には、支配人とともに現場主導で家具を導⼊して使いやすさを向上し、良い⼝コミを頂くこともありました。
    お客様の⼀番近くである現場から、ホテルのサービス作りを主導していけると感じています。サービスで、ハードの部分である立地や間取りの限界を超えるホテルを作り出していけます。

  • EPSODE 2仕事をやりきった後朝日を浴びながら始まる休みでリフレッシュ。

    全力で頑張った仕事終わりに、射し込む朝日の中で休日が始まることが好きです。充実感と開放感があります。平日の昼からお酒を飲む自由も保証されています(笑いながら)。お客様の笑顔を作れたやりがい。やりきった後に飲むお酒の美味しさ、最高です。
    シフト勤務だとみんなの働いている平⽇に休めたり、仕事後に昼に予定を済ませられるのが想像以上に生活しやすいです。例えば土日休みだと面倒くさくなりがちな役所の手続きも、仕事帰りにさらっと済ませられます。
    夜勤の⼊りと明けで2勤務カウントされるので、実質⼀週間に2~3⽇勤務です。プライベートも⼤切にできます。このホテルでは、オンもオフも、自分主導で決めていけます。


フロント(夜勤)の1日